2018年05月24日

水回りのリノベ~宗松潤一郎

住宅も10年から15年程度住んでいると老朽化し、リノベーションが必要になる場合が多いです。

水回りの改修の検討対象には、以下のような箇所があります。

■給湯設備
厨房、浴室、洗面所等に適温、適量の湯を共有する設備。
給湯方法は局所式と中央式、瞬間式と貯湯式、直接加熱式と間接加熱式等に分類される。

■システムキッチン
一般では工場で部材、部品を生産し、ユーザーの要望やインテリアスペースに合わせて部品などを選択し、現場組み立てするタイプのキッチンの総称。
オーダーメイド性を第一の特徴とし、さらにワークトップが切れ目なしであることを条件とする場合もある。

■洗面化粧ユニット
洗面器、フロアキャビネット、メディシンキャビネット、照明器具等を組み合わせて工場生産されるユニット。
現場では配管、配線の接続程度の簡単な工事で済み、デザインの種類も多い。



宗松潤一郎  


Posted by 宗松潤一郎 at 14:12